毎日モザイク

White Room Layout Works

2007-01-16T16:06:01+09:00 [Tue]
--> [遺跡]

ググるな。

ここのページも同じですが、はやりググッてはいけませんね……。

PHPの学習にと、宅ファイル便もどきを作っているのですが、ダウンロード制限がどうにもうまく作れない。ずっと、公式マニュアルだけで闘っていたのですが、readfile()で読み出すと、でかいファイルでひっかかる。ここで、更に公式マニュアルを読めば良かったんですが、つい出来心でググってしまいました(w。

php.iniで、output_bufferingはoffになっているので、readfile()の仕様だとばかり思い込んでいました。どうやら、同じような思い込みをしている人が結構いるらしく、ググったら、readfile()で出力するときは、どうしてもその辺で引っ掛かるっていう内容のものが結構ありますた。

でかいものが落とせないなら、作っても楽しくないなぁ……。などとグルグルしておりました(w。

それで、もう一度、php.iniと公式マニュアルを禿げしく読んでみたら、引っ掛かっていた原因は、output_bufferingじゃなくて、output_handle = mb_output_handlerでした……。

公式マニュアルを始めから、通読すればよかったのですよorz。

output_handler string
スクリプトの全ての出力を関数にリダイレクトすることができます。 例えば、output_handler に mb_output_handler() を指定した場合、文字エンコーディングは透過的に指定したエンコーディングに 変換されます。出力ハンドラを指定することにより自動的に出力 バッファリングを on にします。

「自動的に出力バッファリングをonにします。」って、思いっきり日本語で書いてありますたorz。

4.1.0 以降のバージョンでは、以下の条件が満たされた場合にこのハンドラは charset HTTP ヘッダを設定します。
*
header() で Content-Type が 設定されていない場合
*
デフォルトの MIME 型が text/ で始まる
*
http_output の設定が pass 以外

ここだけ読んで、Content-Typeを設定してやればオケ。と思っていたのですが、Content-Typeが設定されていれば(text以外)、何もしないけどバッファはする。ってことのようです。

ここの設定をそのままにして、バッファリングさせないには、headerを出力した後で、ob_end_flush()(output bufferをflushして、バッファリングを止める)してからreadfile()すれば、読んじゃ出し、読んじゃ出し状態になるようです。

一歩前進(笑。

ググる前に公式ドキュメント。もう一度念仏(w。

2007-01-13T05:39:59+09:00 [Sat]
--> [遺跡]

●ね。あ●あ●

スーパーに納豆がない・・・大戸屋で納豆をつけようと思ってもない・・・えぇー、なんで??!・・・○る○るか!
マジでそろそろ打ち切って欲しい・・・困るんだよね、常食している身としては・・・はぁ〜・・・患者さんと一緒になって、憤慨してました(笑)

と、いんちょーもお怒りです。

見てないんで、なんともいえませんが、ちゃんと大豆の過剰摂取の危険性についても言っていたのでしょうか?

まぁ、この期に及んで、放送局の健康ふう情報を鵜呑みにする人はいないだろう。とか、どうせ、ニッコク社長の次のネタまでのブームだとタカをくくっているのかもしれませんけど……。

どうせなら、効果もないけど害もない情報にして頂きたいものですね。

食品安全委員会:豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A

2007-01-08T10:23:10+09:00 [Mon]
--> [遺跡]

必ず足りなくなる。

100GBのHDDがありました。ちょっと前なら結構でかい。40GBと60GBをそれぞれミラーリングして100GBのバケツを使っていました。

さすがに100GBでは足りんということで、容量を増やす事になりました。

そこで一気に500GBとか1TBとかにすれば良かったのでしょうが、いままで100GBでなんとか回っていたし、予算の都合もあるからと、250GBのミラー構成にしました。本当はここで、30万くらい出しておけばあと2年くらいはもったかもしれませんが、早々に250GBでも足りなくなりました。

今度こそ2TBくらいは確保したい。

でも、2TBだと4台入る箱に750GBのHDDを入れてraid5+hotstandbyなしくらいの廉価構成にしてもかなり高い。750GBのHDDが高いからといって、たくさん入る箱を買おうと思っても、そっちもいきなり高い。

結局500GB4台をraid5+hotstandbyなしで1.5TBで使うか、hotstandbyありで1TBで使うか、どうせ1TBしか使えないなら、壊れ方の運が良ければ2台逝ってもなんとかなるraid10構成にするかってところに落ち着く感じです。

もともとミラー以外のバックアップは無いところですから、ここまででかくなったら、ほんとは、テープかなんかにバックアップも取って欲しいところですが、そのドライブがまた高い。予算は限られているので、何かを犠牲にしないとしょうがないわけで……。

バケツがでかくなるのはいいんですが、飛んだときの代償もまたでかい。

できるだけ気を使ってはみても、ブレーカーが落ちて、そのときたまたまUPSの電池がお亡くなりになっていて、根こそぎ飛んでしまうような不測の事態も考えられるわけで……。

raidの恐いところは、大抵の場合、新品のraidには新品の、しかも、同じメーカーの同じ型番のHDDを入れるわけです。同じ時期に作られた同じ型番のHDDなら、だいたい似たような時期に寿命が来るとも考えられるわけで……。しかも、同じ箱の中で動作しているわけですから、同じような時期に壊れる可能性は低くはない。実際、自分ちでも、同じ時期に買ったHDDが1台目故障の翌日にもう一台が後を追うように壊れましたから……。1台目が逝って、リビルド中にもう一台が逝ったりするとかいうのは非常にありそうな気配がします。半年くらいエイジングしてから、壊れる時期をずらして構成したいくらいです……。

その辺を考えると、あんましでかいバケツは付けたくないんですよね……。

まぁ、1TBでも2TBでも、でかくなればなるほど整理はしない。結局、あっという間にいっぱいになるのは目に見えているわけで……。で、そんなにあっという間に一杯になるってことは、それほど大事なデータは入ってないとも考えられるわけなので、気にしない事にした方がいいような気もしなくもなくもないです(w。

どのみち、必ず足りなくなる日がまた来るし、たいていのファイルサーバはスLIFOです。古いデータは二度と取り出される事は無く、勿体ないから取っておこう。みたいな感じです。気にする事は無い。うん。HDDの中に入っているのは資産だ。とか考えると非常に恐くなりますから……。管理費もらってるわけでもないので、気にしないに限りますね。うん。

焼肉様のサーバが焼肉サーバであった理由がなんとなく解ったような気がします……。

と、いったわけで、今週は一昨年作った知人の会社の鯖にバケツを追加する予定です。

2007-01-05T19:16:31+09:00 [Fri]
--> [遺跡]

初夢。

飛び降りる途中で目が覚めました。いや、マジビビった。

 

いつものように仕事が終わった夢でした。仕事が終わってホッとしたところで目が覚めて、目の前にはほとんど手つかずの仕事が……。っていうのが定番なんですが、今年の初夢は、ちょっと違いました。

年末進行の全部の山が終わって、一息ついているところに担当の女の人がやってきました。仕事が終わってホッとしているはずが、鬼の形相。まさに山姥現る! です。

何か言っています。

「このページ。発注してあったのにやってくれなかったから、結局間に合わなくて、自社広で埋めたけど、埋めきれなくて4ページ白紙になった」

……。よく考えてみたら、確かに発注されていたorz。もうダメポ。と思って窓から飛び降りるのでした。

その、飛び降りる途中で目が覚めました。

目が覚めてもビビったままだったので、もしやと思って、注残のリストを確認しました。

夢に出てきた担当者のところではありませんが、きれいさっぱり忘れていた5日入稿がもう一本あったのを思い出して、本気でビビりました……。

幸い1ページものだったので、禿げしく加速してなんとか間に合わせられました。よかった。

夢見なかったら、今年流行の謝り新年になるところでした……。

非常にイヤーンな内容でしたが、激しくラッキーな初夢でした。

 

と、いったところで、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

2006-12-30T05:43:21+09:00 [Sat]
--> [遺跡]

鯖を作る。

知り合いの会社でちょっとしたファイルサーバが欲しいという事で、一つ覚えのvineで作る。

材料は、電源付きの箱。日立の80GBのHDD一台。seagateの500GBのHDD二台。いずれもSATA。500GBが2万円台まで下がっていたのにちょっと驚き。マザーボードはintelのDG965ry。オンボードでギガビットイーサが乗っているので便利。メモリは512MB*2。CPUはいつものceleron。いつものように在庫で一番低速なのを買った。2.3GHzでした。あとは、DVDドライブ。もうCD専用は見かけなくなったそうです。

で、いつものように、/bootとswapと/を日立に。ファイル保存用をseagate二台をソフトウェアraidにでできあがり。

と思ったら、やはり、いつものようにつまずきました(w。

よせばいいのにvine4.0を入れたんですが、なぜかソフトウェアraidが片落ち。生きてるはずのHDDがkickなんたらされてraidからハブられています。

原因を探ったら、電源ケーブルのコネクタの接触不良らしく、一台のHDDがたまに電源が切れていた模様。ケーブルは余っているので、他のやつを繋ぎ直して、一からやり直し。

さて、less /proc/mdstat……。あれ? また落ちてるorz。

もう、めんどくさいので、そのまま、死んだと思われているほうのhddをmdadmでraidに追加。空のHDDですが、raidの仲間にするのに約2時間かかりました。500GBはでかい……。

ようやくraidも完成。いつものようにnetatalkを入れて、logcheckを入れて、その他諸々を設定してできあがり。

ここまで、リセットリセットで来ていたので気がつきませんでしたが、haltで電源が落ちない。halt -pでも落ちない。poweroffでも落ちない。vine4.0はacpiがいまいちなようです。

まぁ、そういったところで、みなさま、よいお年を!